一度の失敗が人生を決めてしまうと恐れて、起業や国外への進出を恐れているすべての人へ「若者よ、アジアのウミガメとなれ」

僕自身がカンボジアを皮切りにアジア・そして世界の途上国にむけてAGRIBUDDYというサービスを提供し、アジアのウミガメとなるべく日々奮闘している一人でも有り、そして何よりも加藤さんご本人にその挑戦を「ヒト・モノ・カネ」の全ての側面でサポートしていただいている一人としては、この本に書かれていることを通して加藤さんという人物について触れないわけにはいかないだろう。

あまり内容の詳細を書いてしまうとネタバレしてしまうので割愛するが(笑)、冒頭は加藤さんが学生時代に先輩たちと一緒に起業して一世風靡したにも関わらず、大卒一年目に事業モデルの前提となっていたルールが根底から変更されて倒産するという、まさに『起業=リスク』という事例そのままのひどい目に合うといったエピソードが披露されている。まぁ普通の人であればここで人生が詰んでしまって、一生「起業なんてしないで新卒で就職していれば良かった」と悔やみながら過ごすことになるんだろうと考えるのかもしれない。

世間の殆どの人は、事業で失敗すれば復活することなんて不可能でその後は貧しい生活が待っている、と思い込んでいる。ところがそれは、全くの思い込み違いも甚だしい話なのかもしれない。

僕はありがたいことに加藤さんを通じて、このときの「学生起業〜倒産」を一緒に経験した人々とご一緒させて頂く機会が多いのだが、みなさん上場企業のオーナー社長だったり役員だったり、むちゃくちゃ儲かるビジネスをやっていたりで、誰も彼もが大成功しているという一種異常な集団となっている。『そもそも才能のある人達が同じ時期・同じ場所に集まったから、その後も大復活が出来たのか、それともこのような経験をしたからこそみなさんの今が有るのかどっちなんだろう』と考えたり、実際にそのように質問させていただいたりしたことも有るけれど、多分答えは後者なんだろうと僕は思っている。

殴られたことのないプロボクサーも、転倒したこと無いプロスキーヤーも、クラッシュしたことのないプロレーサーも絶対に居ない。事業だって同じことだろう。そして失敗は若いときほど傷は浅く治りも早い。これこそが加藤さんが積極的に若い人たちに話をしに行く最大の目的だろう。

加藤さんには、AGRIBUDDYの資金調達で投資家回りをご一緒頂く機会もまた非常に多いのだが、とんでもなくタイトなスケジュールを押し込んでくる。実際にタイトすぎて加藤さんと一緒に電車の駅構内をダッシュしたことも何度も有る(笑) っていうか、加藤さんがダッシュするから僕も走るしか無いわけだけれど、僕が加藤さんくらい有名な人だったら平気で相手を待たせてしまっていただろう。この実直さも加藤さんの魅力の一つなんよな〜とか学ばせてもらいながら、ふと気がつくと空いた1時間弱を割いてネットで連絡してきた見ず知らずの学生と待ち合わせをして、真剣にアドバイスをしたりしている。

多分、知っている人は多いと思うが加藤さんはTwitterとかFacebookの投稿数も非常に多い人だ。で、四六時中誰かと会っている。なのにも関わらず僕からのメッセージなどに関しては、ほぼ即レスだ。レスが返ってこないときは多分飛行機の中で物理的に返信出来ないときくらいなんじゃないだろうか(笑) 夜中まで事業の相談に付き合ってもらったことも一度や二度ではない。それくらい多忙なのに、まだ新たな見知らぬ若い人たちと時間を見つけては会おうとしている。

実は僕自身が、加藤さんにTwitterを通して連絡を取って会ってもらった『”元”見知らぬ人』の一人でも有る。残念ながら若くは無かったけれど。そして、そのことがきっかけになって事業に出資をしていただき、様々なピンチを一緒に切り抜けてもらい、AGRIBUDDYという1アイデアを実現するチャンスを作ってもらって、さらにはそれを本格的に事業化するための提案をしてもらって今に至ってます。

ただでさえスケジュールがいっぱいの加藤さんには怒られるかもしれないけれど、若い人はもっと臆さずに加藤さんに連絡を取ってみるべきだと僕は思う。まずは本を読んでみて、何か感じるところが有ったのであれば、次は実際に会いに行ってみるべきだろう。そしてぜひ、どんな手段を使ってもチャンスを作って加藤さんとマンツーマンで話す機会を手に入れてほしい。こんな面白くて、バカ正直で、若い人に対して一生懸命なおっさんって、そうそう巡り会えるものではないと思うから。

ツイッターのフォローもよろしくです↓

Twitter Icon

カンボジアのコメ価格が暴落しているんだけれど、その理由がいかにも途上国っぽい件について

カンボジアの籾米価格が暴落している。農家の販売価格が1トン250ドル(2万5千円)くらいだったのが、190ドル(1万9千円)くらいまで下落してしまって、コメ農家は大変なことになっている。
(ごめん、英語記事)
https://www.cambodiadaily.com/archives/farmers-block-road-amid-rice-price-crisis-118145/air

で、なんでそんなに価格が下がってしまっているのかというと、精米業者がコメを買えないからだ。「買わない」のではなく「買えない」というところに今日の話のポイントがある。

そもそもカンボジアは、未だに日本で思われているような「貧困による飢餓が蔓延している国」では無く、どんなに貧しい人でも基本的に食べるものには困らない。特にコメに至っては1日2ドル以下で暮らしているような世界基準の超貧困層でも、食べ残しを鶏とか犬とかの餌にするくらい余裕がある。そしてその余りあるコメを輸出して外貨を稼ぐというのが、国家を上げたプロジェクトの一つでもあるので、日本のボランティア団体とかが小学生に作らせとコメをカンボジアに送り込んでくるのは、善意の嫌がらせ以外の何物でもないのだが、今回はその話題については横においておこう。

で、カンボジアにはロムドゥルという種類の、世界コメ会議で3年連続金賞を受賞した香り米が有って、近隣にタイやベトナムという強力なライバルを抱えてはいるものの、後発後進国という特恵関税枠などを活かしてEUなどからも注文が舞い込んでいた。政府が目標としている年間100万トンの輸出にはまだ半分程度しか届いていないものの、国際マーケットに売り先がないという状況ではない。それなのに、なぜ農家の籾米が売れなくて価格が暴落するような現象が起きているのだろうか?

カンボジアは近年までロクなクオリティの精米施設が無かった。国際基準で輸出できるような精米施設を造るためには数億円オーダーの投資が必要で、かつ毎日数百トンの籾米を農家から買い取って精米して貯蔵しようとすると、十億円近いような事業資金が必要になる。それをIFC(国際金融公社)とか世界銀行とか、各国からの援助とか融資とか投資とか様々な方法を使って資金調達したものを、地元の有力者たちに貸し付けて精米施設を建設し事業資金も用立てた。これで万事上手くいくはずだった。

ところが多くの精米業者が手にした現金は、施設を作るために使われた以外は高級車や高級時計、土地への投資や豪勢なパーティーなど、全く籾米を購入することと関係ないことに消費されて、文字通り消えていった。そして素晴らしい精米機を備えている精米施設の貯蔵庫は空っぽ、機械の稼働率も借入金返済不能なレベルとなってしまっている。

僕は常々、途上国の農家の所得を一定レベルまで引き上げるためには、ファイナスが起爆剤となると主張している。マネーはあらゆる経済活動の潤滑油になるからだ。ただし、現金を渡すことがこのような悲喜劇の種になることもまた事実なので、ファイナンスをするけれど現金は渡さないというような仕組みを構築することが不可欠だということも間違いない。で、このような問題を解決することこそがAGRIBUDDYの取り組みです。

ツイッターのフォローもよろしくです↓

Twitter Icon

インドのハイデラバードに行ってきた

バンガロールに続く巨大IT企業集積地ってことで名を上げたハイデラバードは、グーグルのアメリカ国外では最大のオフィス、しかも雇用者数が6,000人ってのが有ったり、マイクロソフトも大学のキャンパスかと思うような施設を建設してたりと、さすがインドは規模が違うな〜ってな場所だ。っていうか、現マイクロソフトのCEOってハイデラバード出身なんですね。

で、一応IT系のCEOやってる僕がハイデラバードに行ったのは、実は全くITとは関係がなくて、ハイデラバードが有るテランガナ州のお隣、アンドラプラデーシュ州(略してAP州と言うらしい)の農家たちにAGRIBUDDYを広めるためにどうしたら良いかってことを調査しに行ってたんですねぇ、これが。どうやら2014年まではハイデラバードもAP州だったんだけれど、州が分裂してテランガナ州になってしまって、AP州は州都が無くなってしまったので、新しく州都を建設するまではハイデラバードを使うってことになってるそうな。そんなこんなでAP州の州政府の方々をお会いするにもテランガナ州の州都ハイデラバードに行く必要があるってことだった。さすがインド、入り口からすでに奥が深い(笑)

まぁ空港に到着するなりインド的なナニにやられたりしたのだけれど、翌日からはデリーの怪人繁田女史が付きっきりでサポートをしてくれるので、ホテル方着後はすこぶる安心モードで眠りに入れました。ちなみに繁田さんは東大を出てから上海で就職、その後デリーに移り住んで約10年という、絶対に日本に一人しか居ないと断言出来る稀有な経歴の持ち主だ。そして僕は翌日から繁田さんの凄さを目の当たりにすることになる。

とくかくインド人はよく喋る。しかも今回は州政府の要人やその周辺の人々たちばかりに会ったので、もれなくみんな頭がすこぶる良くて理屈っぽい。そしてどうやらこの理屈を言うことでマウンティングのやり合いをするのがインド流のようで、こちらが途中で反論しようとしたら、更に音量とスピードを上げて話し続け、我々に話に割り込む隙を与えない。僕も息継ぎをしないで話し続ける加藤順彦さんや、その上に話をかぶせていく僕の師匠の長江さんのように、日本を代表する「エンドレススピーカー」の方々と議論をする機会をたくさんもらってきたがインド人はレベルが違う(笑)

あんまりにもこちらの話を聞いてくれない、っていうか話を遮られ続けて自分の話ばかりされるし、僕もさすがに気分がめげてきて「繁田さん、これって時間の無駄だと思うから、もう切り上げて行きましょうよ」って言うと、繁田さんは「いや大丈夫、向こうは話を聞こうと思っているから、もうちょっと頑張ろう」と言ってくる。

えぇっ?どこに「話を聞こうとしている」と判断する余地有るのよw って思いながらも、僕はすでに繁田さんに一任するしか手立てが無い。

すると、相手が一通り自分の言いたいことが終わったと思われる瞬間を見つけるやいなや、「例えばこんな考え方が有って、斯く斯く然々」と英語でマシンガントーク炸裂。しかも決して相手の言っていることに真正面から反論しない。僕は英語の流暢な日本人は今まで見たことがあるけれど、ここまでマシンガントーク出来る人は見たことがない。その繁田さんの意見に対して、また数十倍の理屈で返してくるインド人。それを全部受けきって、さらにマシンガントークで返答していく繁田さん。もう、もはや芸術だ(笑)

ちゅーか、こりゃ真似できんわ。

後で繁田さんからレクチャーしてもらったところによると、どうやらこのマウントの取り合いをしっかりとこなすと「お主もやりよるな」と相手に認められて、信頼関係が熟成されると。でも、僕みたいに相手の意見に「それは間違ってる」なんていうように真っ向から反論したりする『打撃系』の一撃はダメで、あくまでも相手を受け入れながらこちらの目的をしっかりと手早く、わかりやすく伝えていくことが肝心だっていう、まさに胆力と地頭と精神力をの勝負が求められている。うーむ、日本人がインドを苦手としている理由の一端が垣間見れたような気がしました。

そんなこんなで1つのアポでたっぷり2時間は使うというミーティングを2日間で6つこなし、全ての人々からサポートの確約を取り付けてもらうという離れ業をやってのけてもらいました。僕一人だったら絶対に出来なかった成果で、本当にありがたい限りです。

さて、ハイデラバードからシェムリアプに戻る中継地バンコクには直行便が1日1便しか飛んでなくて、しかもそれは深夜1時過ぎ(バンコク時間の3時前)に出発しバンコクに朝6時に到着する、かつ3時間半の飛行時間しか無いので機内でろくに眠る時間が無いという、これまた体力勝負を求められる設定となっている。これからかなりの回数行き来することになると思うのだけれど、まじでスタミナいるよな〜。。。

ツイッターのフォローもよろしくです↓

Twitter Icon