資金調達と栄えあるW受賞、のち日本の乾燥した空気にやられて声が出なくなったという、内容の濃い2週間の出張日記

インド5都市周遊〜バンコク乗り継ぎで大阪そして東京という行程で2週間という出張を終えてようやくカンボジアに帰ってきました。年中クソ暑いカンボジアから微妙に肌寒いデリーに付いたらイミグレが激混みで入国に2時間も掛かって、繁田さんに無理言って入れてもらっていたアポをすっ飛ばすという、いかにもインド的な出だしでスタートし、その後も日替わりで飛行機移動する各都市の気温が全然違うというインドの大きさを見せつけられつつ、最終地コルカタ空港を深夜2時(日本時間早朝5時半)発という疲れた身体に鞭打つような便でバンコクを経由し、夕方4時に到着した大阪は最高気温6度とか。

しかも預け入れするような荷物を持ってたら移動に邪魔だし時間も無駄なので、機内持ち込みサイズのスーツケースに入る分しか服を持っていかなかったから、日本到着時の僕の服装はユニクロのフリースにウルトラ・ライトダウンの2枚だけ。翌日にコートを購入するまで関西で一番薄着な男だった自信があります(笑)

まぁ、そんな出張に出発する前の1月31日にAGRIBUDDYは無事に、というかようやく資金調達を終えプレスリリースを配信しました。
* モバイルアプリでカンボジアなど新興国の農家の資金管理を助ける「Agribuddy」、iSGSや加藤順彦ポール氏らから73万ドルを資金調達
http://thebridge.jp/2017/02/agribuddy-730k-funding

* Agribuddy nets $730K in funding
http://m.phnompenhpost.com/business/agribuddy-nets-730k-funding

* クメール語でもニュースになりました。多分、、、iSGS Investment Works Incって書いてあるから調達の記事のはず(笑)
Agribuddy ទទួលមូលនិធិ$៧៣ម៉ឺន

出張中にブログでも発表しようと思ってたのですが、色々と自分に言い訳をしまくりカンボジア帰国まで伸ばしてしまっていたら、加藤さんが先にブログに書いてくださいました。
http://katou.jp/?eid=575

文中に「同社はカンボジアを創業の地として起こしたスタートアップで、今回の増資は足掛け約1年にわたって代表北浦と二人三脚で取り組んできました。正直いうと、かなりの難産でした。やっぱ東南アジアの辺境で日本とほとんど関係のないスタートアップってのはいろい(略 」と書いてくださっていますが、道中紆余曲折いろいろありまくりで大変でした。今回増資を引き受けてくださったみなさまも然ることながら、追加で増資に応じてくださった加藤さんや、影に日向に手をつくしてくださった既存株主のみなさまにも本当に感謝の念が絶えません。本当に多くの人に支えられながら、大きな目標に向かって走らせていただいているということを改めて実感する機会となりました。

そんな僕達が、どういうことをAGRIBUDDYという事業を通して成し遂げたいのか、ということを多くのみなさまの前で発表するというのが、今回の日本出張の主な目的でした。それは日本総合研究所と三井住友銀行が主催する日本最大級のビッチコンテストと銘打たれた「未来2017」です。
https://mirai.ventures/

昨年12月に東京の三井住友銀行本店で行われた二次予選を無事に通過し、今回は地元大阪はリーガロイヤルホテルでの最終審査会。
_MG_5248

三井住友銀行からは橘副頭取、日本総研からは渕崎社長が出席するという超豪華布陣のこのイベントでは、非常に光栄なことにSMFG賞と最優秀賞のダブル受賞をさせていただくことになりました。
_MG_5754
せっかくの晴れ舞台なのに、捉えられた指名手配犯のような顔してますね。。。ちゃんと笑顔の練習しときます、橘副頭取すみません。。。

_MG_5818
実はSMFG賞を先に受賞した時点で自動的に最優秀賞の受賞は無いものだと思っていました。なので、受賞のコメントを一言どうぞと2回目に言われたときは「えーっと、なにしゃべろうか」って一瞬頭がフリーズしそうになりました(笑) っていうか、こんなことなら、ちゃんとジャケット買って行けばよかったですねぇ。

16640858_1542040042480835_8299539628251501556_n

実はこの未来2017に出していただくきっかけとなったのは、昨年の日経フィンテックでの優勝だったのですが、これもそもそも繁田さんが声を掛けてくださって実現したものでした。いやぁ本当にAGRIBUDDYは周囲の人々に支えられていますね〜。

* AGRIBUDDYが表彰されました
http://ken5.jp/kengo/archives/2415

その繁田さんにも今回からはAGRIBUDDYのDirecorに就任していただいて、カンボジアのみならずインドの地もゴリゴリと攻めていきますので、みなさまどうぞ引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします。

 

ツイッターのフォローもよろしくです↓

Twitter Icon

資金調達と栄えあるW受賞、のち日本の乾燥した空気にやられて声が出なくなったという、内容の濃い2週間の出張日記」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 新経済連盟の主催するグローバルカンファレンス『NEST2017』で優勝。これで国内のピッチイベントは3戦3勝になりました | カンボジア(アド)ベンチャー日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です