kengo KITAURA について

AGRIBUDDY LTD. CEO 使用言語 : 大阪語北摂弁、訛った英語、通じてくれないクメール語 元なにわの金貸し&なんちゃってレーサー シェムリアップとラーメン&焼肉を愛してやまない永遠の厨二病。ハプニング体質症候群発症中なので、何をやってもネタを仕込んでいるように思われるようです

日本の将来はかなりヤバそうだけれど、アメリカの一般人の現状と将来はもっとヤバイらしい。

アメリカの大統領がトランプになって「なんであんな野蛮なおっさんが大統領に選ばれたんだ、有り得ない」というような事を言って、現地でデモとかやっている人が多数居たり、日本でも色々な見解が出ているようだ。ぶっちゃけ僕もオバマ大統領はすごくいい人で、次もヒラリーが大統領になったほうがトランプよりはよっぽど世界のためにもマシだったんじゃないかと思ってるので、実際のところどうなのよ的な話をアメリカ人に聞いてみた。

リベラルな人が多いシリコンバレーの中で唯一と言っていいくらい堂々とトランプを支持していたピーターティールも言っていたけれど、今のアメリカはごく一部の裕福な人々以外は相当に貧しい状態になっているらしい。特に地方に住む白人のブルーカラー(工場勤務の人々)。。。

僕たちの世代の一つ上の人たち、ようするに僕たちの親父世代の人達は工場勤務をしているだけで家族が暮らしていくことが出来た。郊外に家を買って車を買って子どもを学校にやって、という暮らしが親父の収入だけでまかなえてた。やがて、その子どもたちは大人になって地元から出ずに親父と同じ工場に勤務したり、ようは当時と変わらぬ仕事をしているのだけれど収入の増加に比べて生活コストが圧倒的に高くなってしまった。結婚したって共働きで、車や家を買うなんて夢のまた夢。虫歯になったって歯医者にも行けない。

先日もうちのBrandonがアメリカに帰国したときに調子が悪くなって、病院に一晩入院したら4,000ドル(45万円)請求されたらしい。万が一の病気のために保険に入ろうとしたって年間で数百万円、その保険だって歯医者などには適用されない。保険が効かない歯医者に行けば1回1,000ドル(10万円)は取られるっていうんだから、普通の収入ではとてもじゃないけど安心した暮らしが出来るとは言い難い。そんな風に親父の世代と同じように働いているにも関わらず暮らし向きは悪くなる一方の中、自分たちが見下していた黒人や南米系、アジア系の連中がどんどん豊かになっていく。

自分達はアメリカのため世界のために悪い奴らがいるイラクやシリアに行って戦争して、何人も知った顔が死んだりしてるって言うのに、そのお陰で戦うこと無く平和を享受している中国やアジアの連中がアメリカに大量にものを売りつけてきて大金持ちになっている。何かが間違っている、今のままじゃダメだ。というタイミングで「We can change」を叫ぶ大統領候補が出てきた。確かにオバマは黒人かもしれないけれど、今までのアメリカでは有り得なかった選択肢を選んでみたらアメリカは本当に変わるかもしれない。

そうやって初の黒人大統領が誕生し変化を待ち望んでみたものの、気がつけばさらに黒人やインド人の上司が増えてきたばかりか、今やGoogleもMicrosoftも、AdobeもPEPSIもインド人がトップになってる。ある日突然会社ごと中国やインド企業に買収されたなんてのも星の数ほどあるんだろう。

「もうたくさんだ。黒人なんて信じた自分が間違っていた。前よりひどくなった。そんなタイミングで今度は女が大統領だと?ふざけんな。」

「差別はダメだ?世界はもっとグローバルにつながっていく?大きなお世話だ、もうアメリカに来んな。お前らが勝手に人の国に来て、差別すんなとか何様のつもりだよ。お前らが居なかったアノ時代、親父たちの時代のアメリカは良かったんだ。」

「どんな頭脳明晰な人々が正しいことを言ったって、それで自分たちの暮らしが楽にならなければ全く意味がない。トランプが言ってるみたいに、あの中国人が大量に生産する安物に関税を掛けて締め出せば、また自分たちの工場で作っているものがアメリカにあふれるようになるかもしれない。」

こんな風に感じているのが、僕たちが普段目にすることのない大多数の「一般的な」アメリカの白人たちだそうだ。そして自分たちが命を掛けて築き上げた世界の平和という土台の上で、やりたい放題に商売をやっているように見える中国人に憎悪が向いているんだそうだ。

だから、もしかするとこのタイミングでその鬱憤を全て背負って出てきたトランプ大統領の人気は案外根強いかもしれないですよね。イギリスのEU離脱問題もアメリカのトランプ大統領誕生も、根本的な問題は国民の大多数がどんどんと貧しくなっていっている、もっと言うと第三世界だったはずの国々の連中に抜かれ始めているというという事実に起因しているのであれば、それは日本も間違いなく同じ問題を抱えている国であり、多分この先も決して「追いつき抜き去られていく」という状況が変わることはないだろう。これからは、国家にぶら下がって大多数の貧しい人の1人になっていくのか、それとも個人で独自のネットワークというバーチャルな国家を築いていくのか、どちらかの選択肢しか無いんだと僕は思っています。

後者の選択肢を選ぼうと考える懸命な方々には、ぜひ加藤さんの著書『若者よ、アジアのウミガメとなれ』を一読することをオススメします。

ツイッターのフォローもよろしくです↓

Twitter Icon

ボイジャー1号が太陽圏外まで到達し、イーロン・マスクが人類を火星に送り込もうとしている現代ですら、途上国僻地に暮らす農家の実態は全く掴めていないという事実…

農作物というと、日本のみなさんはコメもしくは野菜類を想像するのだけれど、現実的に世界で栽培されているほとんどの作物は「農作物の形ではなく」食卓に上っている。例えばアルコール類、食物油、調味料、肉類などなどの原料になっているも全て農作物だ。で、こういう作物が農家から直送で一般消費者の手に渡ることは絶対にない。

サラダ油を作るための大豆とか農家から直送されたってどうにもならないw

さてさて、今現在でも我々が食用の家畜を育てるための飼料原料作物を栽培している農地面積は約36億ヘクタール、アフリカ大陸より大きな面積らしい。ちなみに日本の田んぼや畑を全て合計した農地面積は465万ヘクタールなので、774倍ということになる。さらにコメやトウモロコシや大豆、麦などの穀物類を栽培している農地面積が南米大陸と同じくらいの17億8千万ヘクタールらしいのだけれど、もうなんにしても規模が大きすぎて全くイメージが掴めない(笑)

【参照元】
増え続けている世界の人口に対し、地球はどのレベルまで人類を抱えることができるのか?
http://gigazine.net/news/20160428-how-many-people-can-earth-hold/

さて、実はこんなにも広大な面積で栽培されている作物は、その栽培農家の実態も流通経路もほとんどがブラックボックスの中にあって、実際のところがよくわかってないんですよね。もちろん統計データとしては存在しているのだけれど、現実の世界では栽培農家から市場に出るまでの複雑で入り乱れた利害関係とか、栽培するために使用されている肥料農薬の種類や量とか全く把握出来ていない。はっきりとわかっているのは「仲買人」と称される各村に入り込んでいる連中が、加工工場などのマーケットに作物が届くまでに何重にも重なり合って少しづつ利益を吸い上げ、数を誤魔化し、場合によってはクオリティーを下げることに一役買っているということだけ。

さらにその仲買人の連中は、キャッシュが不足している農家を「援助」するという名目で金を貸し付け、その金利分で作物の実質買取価格を下げ、また作物の買取代金の支払サイトを伸ばすことで農家のキャッシュフローを悪くして、借金から逃れられない構図を作っている。これは、仲買人の誰かが悪いやつだというような話ではなく、社会の構造がそのように出来上がってしまっているので中々簡単には変わらないだろう。しかし、ようやくインターネットとスマホの急激な進化によって世界の僻地に住むような人々であっても、自分たちの現実の状況を直接世界に伝えることが出来る時代になり、このような社会構造上の問題を破壊することが可能になる兆しが見えてきた。

農業系ベンチャーでは、どうしても農家と消費者を直接つなぐ「Farm to table」が注目されがちだけれど、僕たちAGRIBUDDYは僻地の農家から加工工場などの買受人を直接つなぐ「Farm to factory」を実現すべく、世界の誰もがまだ手にしていない農家のリアルなデータを収集し提供していきたいと考えています。

と、そんなわけで近いうちに次なるステップへの発表と行いたいと考えていますので、乞うご期待。

ツイッターのフォローもよろしくです↓

Twitter Icon

カンボジアからモザンビークに行くついでに、南アフリカのケープタウンに立ち寄ってみた話を聞いてくれ

AGRIBUDDYが日経フィンテックのイベントNikkei FinTech Conference 2016で最優秀賞をいただいた際に、多くの方々から「むちゃくちゃ面白い人が居るから紹介したい」と言われていた、モザンビークで銀行を作ろうとしている合田さん。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/071400623/?ST=smart&P=3&rt=nocnt

9月にご自身でシェムリアプにご訪問いただき、その後も現地で『モザンビーク北部訛りのポルトガル語』を操りながら奮闘している関さんや、UCCのコーヒープランテーションの礎を築いた三本木さんにも訪れていただいていたので、僕もモンザンビークに交換留学よろしく訪問させていただきました。

せっかくアフリカまで行くんだから、ついでに以前からずっと行ってみたいと思っていた南アフリカのケープタウンにも足を伸ばしてみました。

山と海が一気に見渡せて、風光明媚で治安も良いと聞いていたケープタウンですが、されとてアジアよりは色々とハードルが高そうなイメージが拭いきれないアフリカ。しかも南アフリカといえば世界的に『リアル北斗の拳』を地で行く治安の悪さで名高いヨハネスブルグを抱えている国なので、それなりの警戒心をいだきながらの訪問となりました。が、色々と事前の設定が間違っていたことに気づきまくりの旅になりました(っていうか、僕の事前設定が合っていた試しが無いという噂も有るのですが・・・)

まず第一に、モザンビークに行くのにケープタウンは全く『ついでの距離』では無かったこと。合田さん率いるチーム「日本植物燃料」のみなさんが居られる訪問目的地のペンバは、モザンビークとタンザニアの国境近くに位置するのですが、ケープタウンからは直行便が存在しておらず、ヨハネスブルグ経由で7時間半も掛かる距離でした。日本から7時間半あればハワイやオーストラリアに行ける距離なので、全く『ついで』の距離では無かったです。同じアフリカ大陸南部の国同士なのにこの距離感、アフリカ大陸デカイです。

さらにケープタウンは、本当に風光明媚で自然が豊富で治安が良くて気候が素晴らしくて、まるでアメリカ西海岸ベイエリアの超高級住宅街を彷彿させるような場所でした。僕が宿泊した場所は、ケープタウンでも屈指の高級住宅街キャンプスベイというエリアなのですが、ここには海と山を最高のシチュエーションで同時に見渡すために趣向を凝らした家が並んでいます。一軒家を買おうとするとお値段は最低で3億円くらい。そんな豪邸を宿泊施設に使っている物件に泊まってみたところ、1泊1万円少々の超お値打ち価格。
img_20161208_110145
img_20161208_110211
img_20161206_173703
img_20161206_173636
img_20161208_111311
img_20161208_112715

こんな素敵な場所に家族と一緒ではなく、ひとりぼっちで行ってしまったことに若干後悔してしまいました(笑)

余りにも清々しいので、基本的に走ったりしないことを是としている僕ですが、朝からランニングとかしてみました。5分で大西洋に面したビーチに到着すると、そこではロードバイクをかっ飛ばしている団体、ものすごいペースで坂を駆け上がっていくランナー、ビーチで瞑想をしている人々。みんなやたらめったら健康的w

夕暮れ時も色気たっぷり
img_20161207_195837

ここからタクシーで10分ほど行くと、ウォーターフロントという最もホテルの価格が高いエリア。ディズニーランド的な船とテーブルマウンテン。あまりにも上手くまとまりすぎていて、途上国の暮らしに慣れきってしまった僕にはなんともケツの座りが悪かったのが難点ですねぇ・・・。
img_20161207_120630

当初はケープタウンで2泊して、ヨハネスブルグも怖いもの見たさで1泊寄ってみる予定をしていたのですが、誰に聞いても「あんな場所に何しに行くの?」「行っても危ないだけで見るもの無いよ」「っていうか、もう喜望峰とか行ったの?」とボロカスに計画をディスられたので予定を変更して3泊をケープタウンで過ごし、「ヨハネスブルグに行く前に希望峰に行くでしょ、普通は」と言ってくれた出稼ぎジンバブエ人が運転するUberをチャーターして、小学生のころに習った覚えの有る喜望峰に行ってみることにしました。
img_20161208_155948

インド洋と大西洋がぶつかっている場所、らしい。左がインド洋、右が大西洋。波が低いときだと、水温の差のせいで明確に色が違って見えるそうだ。
img_20161208_152808
img_20161208_152748

野生のペンギンとアシカ
img_20161208_140050
img_20161208_122532

ペンギンって南極の氷の上にのみ居るものだと思っていたけれど、ケープペンギンは森のなかに居たりするらしい。

いやマジでケープタウン、素晴らしかったです。こんな場所に暮らしてみたいなと思った反面、僕には色々と健全すぎて、やっぱり現実的には旅行で来るくらいが性に合っているかもしれないですねぇ。

ツイッターのフォローもよろしくです↓

Twitter Icon